日本キャリア教育学会第40回研究大会開催のご案内

 春暖の候、会員の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申しあげます。
 日本キャリア教育学会は2018年に創立40周年を迎えます。この記念すべき年に早稲田大学を会場に、日本キャリア教育学会第40回研究大会を開催できますことを大変うれしく思っております。
 日本キャリア教育学会第40回研究大会は、2018年12月7日(金)・8日(土)・9日(日)に早稲田大学で開催されることになりました。今回の大会テーマは「学問を超えるキャリア教育の地平」です。
 2005年に慎重な検討を経て学会名に盛り込まれた「キャリア教育」ですが、その後瞬く間に拡がり、その使われ方も多様に変化しております。最近はいくつかの学会でもその研究テーマにキャリア教育を掲げるようになってきています。こうした中で、「学問を超えるキャリア教育の地平」を第40回研究大会のテーマとしたく思います。本テーマにつきまして、日本教育カウンセリング学会、日本産業教育学会、日本生徒指導学会、日本特別活動学会、日本道徳教育方法学会(以上50音順)から学会の要職に就かれている方をお招きし、それぞれの学問領域にあるキャリア教育の位置づけについて議論し、それらを超えるキャリア教育の可能性について議論したいと思います。
 創立40周年を記念し、『日本キャリア教育学会20周年記念誌』に続き、『日本キャリア教育学会40周年記念誌』を発行し、この20年を振り返ることになっております。そこで、基調講演には、長年日本キャリア教育学会の活動を支援していただいた、前兵庫教育大学特任教授(元カリフォルニア州スクールカウンセラー協会長)のダリル・ヤギ先生にご自身の米国におけるスクールカウンセラーとしての半生とその後の日本におけるキャリア教育へのかかわりを中心にお話をいただきます。
 奇しくも、この記念すべき時期にあわせ、昨年公示されました小学校、中学校学習指導要領においてキャリア教育が総則に、キャリア形成が特別活動の章に語句として入ってきました。特に初等教育からキャリア教育が求められたのは画期的なことで、ライフキャリアを見通した中で、初等教育段階でどのようなキャリア形成を進めていくかが真剣に議論されている状況は、今後20年間のキャリア教育の研究、実践を推進する当学会としましては、身の引き締まる思いです。
 この意味で今回の研究大会でコミュニケを出し、学会のキャリア教育推進の意思を示そうと思っております。この大会が、日本のキャリア教育の発展の節目となる大会になりますことを祈っております。

2018年4月
日本キャリア教育学会第40回研究大会実行委員会委員長
早稲田大学教育・総合科学学術院 教授 三村隆男

大会テーマ

「学問を超えるキャリア教育の地平」

大会実施日・会場

2018年12月7日(金)(プレ企画)・8日(土)・9日(日)
早稲田大学 〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1丁目6-1

今後の通信予定

10月~11月にプログラムを発送いたします。大会HP等でもご確認ください。